スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋冬の節電はウォームビズから

2013年夏の天気を振り返って
2013年夏の日本の天候は、非常に極端な天候となりました。
夏の平均気温は全国的に約1℃上昇し、日最高気温の記録を更新しました。
雨に関しては、日本海側の地方を中心とした多雨が目立った一方、東・西日本太平洋側と沖縄などの地域では少雨となりました。

異常気象によって、エアコンを多用する機会も多い夏だったのではないでしょうか。
来る冬に備えて、手軽に出来る節電、ウォームビズについておさらいしてみましょう。


身近なところから出来るウォームビズ

環境省では、冬、“寒いときには着る、過度に暖房機器に頼らない”という原点に立ち返り、暖房時の室温が20℃でも快適なスタイル“WARM BIZ”(ウォームビズ)を呼びかけています。
身近なところから出来る、衣・食・住のウォームビズを紹介します。

【衣】首、手首、足首「三つの首」をあたためる・・・マフラー、手袋、レッグウォーマーを活用

【食】鍋でからだも室内もあたためる・・・家族や友達と集まって、鍋を楽しみながら室内も身体も温かくして、暖房節約
・・・湯気による加湿効果で体感温度も上昇
・・・身体が温まる食材を使う
   

【住】窓やドアに注意・・・あたたかい空気が逃げない工夫をする、窓を二重サッシにする、断熱シートを張る

暖房ばかりに頼らない、自分で出来る小さなウォームビズが節電につながり、
地球温暖化の原因となるCO2の削減へとつながります。
冬ならではのおしゃれや、食べ物を取り入れながら、身近なウォームビズを実践してくださいね♬


(参考)
ウォームビズ
http://www.challenge25.go.jp/practice/warmbiz/warmbiz2011/index.html

環境省のHP ウォームビズプラスワン
http://www.challenge25.go.jp/practice/warmbiz/warmbiz2013/
スポンサーサイト
[ 2013/10/16 18:16 ] 寒さ対策 | TB(-) | CM(-)

夏にも冬にも大活躍の扇風機

ひとむかし前の機械

エアコンが登場するまでは家庭の暑さ対策と言えば扇風機でしたが、最近ではあまり活躍の場が少なくなっているような気がします。会社でもお出かけ先のお店でもエアコンがしっかりと効いているので、扇風機の風だけでは満足いく暑さしのぎに感じなくなっているのかもしれません。ついつい家でもエアコンに頼ってしまい、設定温度をさらに低くしてしまいがちです。
そもそも扇風機は冷房とは違います。羽を回転させることで気流をつくり、その風を体に受けることで涼しさを感じます。つまり室温自体を下げることはできません。ですが、気流が人間の体温を奪っていくので結果的に涼しく感じるのです。

扇風機を見直す

体に直接扇風機の風を当てて涼しくしる以外にも扇風機のメリットはあります。それは室内の空気を循環すること。暖かい空気は軽いのでどうしても天井側に、そして冷たい空気は床側にたまります。つまり同じ室内でも温度にむらができているのです。これでは効率的に部屋を冷房しているとは言えません。そこで登場するのが扇風機です。空気をかき混ぜて温度のむらをなくすことができます。これは冬場の暖房でも同じことが言えます。つまり扇風機は冷暖房の補助として一年中使うことができるのです。



[ 2013/08/11 23:06 ] 省エネ | TB(-) | CM(-)

WOLF GARTEN ウルフ・ガルテン

グリーングラスではガーデニング用品の販売もしております。
おすすめはドイツのガーデニング用品のブランドのWOLF GARTEN(ウルフ・ガルテン)。
赤のテーマカラーが印象的でとてもかわいらしいですが、実用性も高くさすがドイツ製品といった感じです。

良い道具を使うとガーデニング作業もきっと楽しくなると思いますよ。
ご興味のある人はスタッフに聞いてください。


wolf_garden.jpg

[ 2012/12/18 14:45 ] グリグラ日記 | TB(-) | CM(-)

グリグラ展示場の模型です。


mokei.jpg


来年のオープンに向けて、グリーングラスの展示場を計画中です。
雰囲気をつかむために、1/100で模型を作成してみました。

左下に見えるのはコンテナで、当面は倉庫として使用します。
下側が道路なのですが、その道路に沿って緑地帯をつくり一般開放しようと考えております。

進捗があったらまたブログで紹介していきます。
[ 2012/12/12 16:48 ] グリグラ日記 | TB(-) | CM(-)

リデュースについて

リデュース(REDUCE)とは

リデュースを直訳すると、英語で「減らす」ということです。
環境用語としては環境負荷や廃棄物の発生を抑制するために、無駄・非効率的・必要以上な消費や生産を行わないことを指します。概念の一例として挙げられているのが水洗トイレのレバーにある「大・小」の区分です。流れる水を必要な分だけ使えるので、消費する水資源を少なくすることができます。
リユース、リサイクルとリデュースで3Rといわれていますが、3つの中で最も重要で優先させたいものはリディースです。
3Rの流れはリデュース → リユース → リサイクル という順番になっています。
リデュースでゴミを減らすことができれば、リユースやリサイクルする量もおのずと減っていくのです。

ILM03_BF02009.png




私たちができるリデュースの取り組み

ゴミを減らすリデュースの第一歩は買い物の時に始まっています。例えば、買い物をしたときにもらうレジ袋は、年間約305億枚(1人当たり年間300枚程度)と言われており、その大半がごみになっています。このレジ袋を減らすための取り組みが、マイバッグの持参です。最近では、自治体レベルでも、レジ袋の有料化によりマイバッグの持参を促し、レジ袋削減に取り組みところが増えてきています。
買い物をするときは、マイバッグの持参をあわせて、次のことも心がけましょう。

・過剰包装や不要な包装は避けましょう
・容器は再使用できるものを選び、詰め替え商品を利用しましょう
・長く使えるものを選びましょう

また、外食をするときにも、「マイ箸(はし)」や「マイタンブラー」を持ち歩き、割り箸や紙カップなど使い捨ての食器を使わないようにすれば、ごみの削減につながります。ふだん当たり前のように、お店からもらい、使い捨てにしているものを見直して、できるだけ減らしていく工夫をしていきましょう。


リデュースのこれから

リデュースによりゴミを減らすことは、裏を返せば消費を減らすことにもつながります。つまりは節約にもつながり、無駄なお金を使わないことにもなるのです。一般化しつつあるLEDライトはイニシャルコストは割高になるものの、長寿命であるために長い目で見れば普通の電球より割安になります。当然、ゴミの量の軽減にも一役買っています。技術革新で長く使えるものがこれからどんどん増えていくでしょう。住宅においても最近では「100年住宅」とうたっているものも多くなりましたが、技術がもっとすすめば、千年、万年と使えるようなものが出てくるのかもしれません。私たち消費者は、そのような情報に敏感になり、物を長く使っていくことを当たり前にして、今以上にゴミをリデュースしていきたいものです。
[ 2012/12/11 17:01 ] ごみ問題 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。