スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リサイクルについて

リサイクルとは?
 リサイクルとは資源の節約や環境汚染の防止のために、不用品や廃棄物を再生して利用することです。ものをそのまま再使用するのではなく、原料レベルにまで戻して使えるものを再利用するという点でリユースをは区別されています。身近なリサイクルの例として知られているのはペットボトルです。カーテンや作業服などの繊維としてや、卵のパックなどの食品の包装用として再生されています。

20091027143934.png

リサイクルの問題点
 一見するとすごくエコだと思われる「リサイクル」ですが、問題点がないわけではありません。
1つ目の問題点は経済性です。あるものを原料まで加工するということは手間もお金もかかります。ゴミとして焼却処分するよりコストとエネルギーを余計に使う場合もあります。
2つ目は不純物の問題です。リサイクルを何度も行うことにより、不純物がその原料に凝縮されることです。原料の純度の低下は品質が落ちるということです。


リサイクルの現状
 現代のリサイクルは、政治的・経済的目的のための「商標」としての役割が強く、世間で認識されているほど行われていないのが現状です。理由は簡単で、リサイクルにかかる費用が割高なため、メーカーが赤字に転じる場合があるからです。儲からないとわかっていても、企業イメージのアップを狙ってのリサイクル事業なのでしょう。


私たちにできること
 街のいたるところでリサイクルの文字やマークを目にするようになりました。私たち自身のリサイクルに対する意識も高まってきていると思います。ですが、リサイクルをしているからといって環境負荷がゼロにはならいことも知るべきです。リサイクルをすることで多くのエネルギーを必要とすることもあるのです。私たちにできることはリサイクルに回すようなものを減らすこと、つまりゴミを減らすことです。以前のようにゴミがゼロの社会にもどれる日が来ることを願っています。

ILM01_BB02033.png



スポンサーサイト
[ 2012/11/27 09:52 ] ごみ問題 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。