スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リデュースについて

リデュース(REDUCE)とは

リデュースを直訳すると、英語で「減らす」ということです。
環境用語としては環境負荷や廃棄物の発生を抑制するために、無駄・非効率的・必要以上な消費や生産を行わないことを指します。概念の一例として挙げられているのが水洗トイレのレバーにある「大・小」の区分です。流れる水を必要な分だけ使えるので、消費する水資源を少なくすることができます。
リユース、リサイクルとリデュースで3Rといわれていますが、3つの中で最も重要で優先させたいものはリディースです。
3Rの流れはリデュース → リユース → リサイクル という順番になっています。
リデュースでゴミを減らすことができれば、リユースやリサイクルする量もおのずと減っていくのです。

ILM03_BF02009.png




私たちができるリデュースの取り組み

ゴミを減らすリデュースの第一歩は買い物の時に始まっています。例えば、買い物をしたときにもらうレジ袋は、年間約305億枚(1人当たり年間300枚程度)と言われており、その大半がごみになっています。このレジ袋を減らすための取り組みが、マイバッグの持参です。最近では、自治体レベルでも、レジ袋の有料化によりマイバッグの持参を促し、レジ袋削減に取り組みところが増えてきています。
買い物をするときは、マイバッグの持参をあわせて、次のことも心がけましょう。

・過剰包装や不要な包装は避けましょう
・容器は再使用できるものを選び、詰め替え商品を利用しましょう
・長く使えるものを選びましょう

また、外食をするときにも、「マイ箸(はし)」や「マイタンブラー」を持ち歩き、割り箸や紙カップなど使い捨ての食器を使わないようにすれば、ごみの削減につながります。ふだん当たり前のように、お店からもらい、使い捨てにしているものを見直して、できるだけ減らしていく工夫をしていきましょう。


リデュースのこれから

リデュースによりゴミを減らすことは、裏を返せば消費を減らすことにもつながります。つまりは節約にもつながり、無駄なお金を使わないことにもなるのです。一般化しつつあるLEDライトはイニシャルコストは割高になるものの、長寿命であるために長い目で見れば普通の電球より割安になります。当然、ゴミの量の軽減にも一役買っています。技術革新で長く使えるものがこれからどんどん増えていくでしょう。住宅においても最近では「100年住宅」とうたっているものも多くなりましたが、技術がもっとすすめば、千年、万年と使えるようなものが出てくるのかもしれません。私たち消費者は、そのような情報に敏感になり、物を長く使っていくことを当たり前にして、今以上にゴミをリデュースしていきたいものです。
スポンサーサイト
[ 2012/12/11 17:01 ] ごみ問題 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。